【提出は不要】雇用保険のみ加入している労働者の賞与支払届は…?

サイトへお越しいただきありがとうございます。

秋葉原の社会保険労務士 鈴木翔太郎と申します。

アルバイトなどで週の労働時間が短く、雇用保険のみ加入している人もいるかもしれません。

そういった人へ賞与を支給したときは、賞与支払届の作成は必要になるでしょうか。

雇用保険のみ加入している労働者の賞与支払届についてご紹介いたします。

【提出は不要】雇用保険のみ加入している労働者の賞与支払届は…?

健康保険・厚生年金に加入する社員に賞与(ボーナス)を支給したときは、「賞与支払届」を作成・提出をします。

アルバイトなどで雇用保険のみに加入してる人がいるときは、賞与支払届の対象になるのでしょうか。

雇用保険のみに加入のときは、賞与支払届は作成しません。

賞与支払届は、健康保険(介護保険)、厚生年金の保険料に関する手続きとなります。

そのため、対象者は健康保険(介護保険)・厚生年金に加入している人となります。

ただし、70歳以上被用者として登録されているときは「70歳以上被用者賞与支払届」として賞与支払届の作成が必要になります。

賞与の雇用保険料は、いつ申告?

賞与支払届は、健康保険(介護保険)・厚生年金に関する手続きとなります。

賞与支払届を元に行政で各種保険料が計算されます。

そうなりますと、賞与の雇用保険料はどのように申告するのでしょうか。

労働保険料として年に1度、6月1日から7月10日までに申告・納付します。

雇用保険料は、健康保険(介護保険)・厚生年金と違い、毎月行政より請求は来ません。

労災保険料と一緒に、労働保険料として申告・納付をします。

このときに、賞与の金額も含めた保険料を申告することになります。

まとめ ~社会保険のお手続きは、社労士へ~

いかがでしたでしょうか。

雇用保険のみ加入している労働者の賞与支払届についてご紹介いたしました。

雇用保険のみ加入の労働者の賞与支払届
  • アルバイトなどで雇用保険のみ加入のときは、賞与支払届は作成しません。
  • 賞与支払届は、健康保険(介護保険・厚生年金)の手続きとなります。
  • 賞与の雇用保険料は、労働保険料として年に一度申告・納付します。

賞与のお手続きの際は、ぜひご参考ください。

その他、社会保険や労働保険に関するお手続きは社会保険労務士へお任せください。

各種お手続きを代行させていただきます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

関連記事

  1. 【雇用保険】65歳以上の社員は資格喪失手続きに違いは?
  2. 月額変更届(随時改定)による改定の上限
  3. 【雇用保険】週の所定労働時間が20時間未満になったら資格喪失届が…
  4. 【月額変更届の可能性】各種手当を廃止した時の社会保険料の影響
  5. 資格喪失届はいつまでに提出?遅れた場合の対処法は?
  6. 【社会保険・雇用保険】資格取得届・喪失届の押印の扱い
  7. 【再発行手続き】健康保険証が汚れたときの対処法
  8. 【新規適用届】会社設立(起業)時の社会保険の手続きは?【健康保険…

 

この投稿をInstagramで見る

 

鈴木翔太郎(@suzuki.shotaro_sr)がシェアした投稿

PAGE TOP