パート・アルバイトでも算定基礎届は提出?

サイトへお越しいただきありがとうございます。

秋葉原の社会保険労務士 鈴木翔太郎と申します。

毎年7月は、算定基礎届の提出時期です。

パート・アルバイトの労働者分は、算定基礎届は必要になるのでしょうか。

今回は、パート・アルバイトの算定基礎届についてご紹介いたします。

パート・アルバイトでも算定基礎届は提出?

算定基礎届は、年に一度の健康保険[介護保険]、厚生年金保険料の見直しの為に提出をします。

正社員は、基本的に全員分の提出が必要ですが、パート・アルバイトはどうでしょうか。

健康保険[介護保険]、厚生年金に加入していれば提出が必要です。

算定基礎届は、雇用形態にかかわらず健康保険[介護保険]、厚生年金加入者は提出をします。

正社員やフルタイムの社員と同じように、4、5、6月の報酬等を記入して提出します。

9月から新保険料が決まることになります。

パートの特例も有り

算定基礎届の作成は、パートの特例という作成方法があります。

算定基礎届は、各月で支払基礎日数が17日以上の月が対象となります。

しかし、パート・アルバイト社員の中には、各月で17日を下回るケースもあるかもしれません。

そういったときは、15日・16日の月を対象に保険料の算定をすることができます。

算定基礎届の備考欄の「パート」へチェックすることになります。

パートの時例については、私のブログにて解説させていただいています。

併せてご参考ください。

なお、週20時間等の基準で短時間労働者として加入しているときは、基礎日数は11日以上が対象となります。

まとめ ~算定基礎届の作成は社労士へ~

いかがでしたでしょうか。

パート・アルバイトの算定基礎届についてご紹介いたしました。

パート・アルバイトの算定基礎届
  • パート・アルバイトでも、健康保険[介護保険]、厚生年金に加入していれば提出が必要です。
  • フルタイムの社員と同様に9月からの保険料が決定されます。
  • 支払基礎日数が各月とも17日以上とれないときは、パートの特例で算定できます。

算定基礎届作成の際は、ぜひご参考ください。

その他、社会保険のお手続きは社会保険労務士へお任せください。

各種書類の作成を代行いたします。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

関連記事

  1. 【年金機構のみ提出】資格取得・喪失届などの協会けんぽへ提出の必要…
  2. 役員就任時の社会保険・雇用保険の手続き【資格喪失(取得)・随時改…
  3. 【労働保険】個人事業主の場合の法人番号欄の書き方
  4. 【還付または相殺】育休中の社会保険料免除、提出が遅れたときの保険…
  5. 【厚生年金・健康保険】資格喪失届を提出しないと…?【雇用保険】
  6. 【日数としてカウント】年次有給休暇の月額変更届の基礎日数の扱いは…
  7. 新規適用届の昇給月の扱い
  8. 【社会保険】法人代表者を変更したときの手続き【労働保険】

 

この投稿をInstagramで見る

 

鈴木翔太郎(@suzuki.shotaro_sr)がシェアした投稿

PAGE TOP