【雇用保険・労災保険】労働保険の資格喪失届の扱い

サイトへお越しいただきありがとうございます。

秋葉原の社会保険労務士 鈴木翔太郎と申します。

社員が退職するときは、資格喪失の手続きが必要になります。

会社で加入する公的保険は、大きく社会保険と労働保険に分類されます。

今回は、これらのうち労働保険の資格喪失届の扱いについてご紹介いたします。

労働保険の資格喪失届の扱い

社会保険(健康保険・厚生年金)の資格喪失手続きは、年金機構へ書類を提出することで完了します。

(組合加入の場合は、健康保険組合も同時に提出します)

社会保険と比べて、労働保険の資格喪失で迷うことはありませんでしょうか。

労働保険は、雇用保険と労災保険の総称となっています。

それぞれ分けてご紹介いたします。

雇用保険は資格喪失届(離職票)とハローワークへ

雇用保険は、社会保険のように加入者は資格喪失の手続きが必要になります。

雇用保険資格喪失届を管轄のハローワークへ提出します。

失業中の給付金などで離職票を希望する社員がいたら、一緒に手続きをします。

なお、離職票は資格喪失手続きをした後、単独で発行手続きをすることも可能です。

よろしければ解説記事もご覧ください。

労災保険の資格喪失は、不要

労働保険のうち、雇用保険ではないほうが労災保険です。

労災保険も資格喪失届の手続きは必要なのでしょうか。

労災保険には、社員個別の資格喪失手続きはありません。

労災保険は、個人ごとの資格取得や喪失といった考え方がありません。

そのため、社会保険や雇用保険のような手続きは不要となります。

それぞれの違いにご注意ください。

まとめ ~社会保険のお手続きは、社労士へ~

いかがでしたでしょうか。

労働保険の資格喪失届についてご紹介いたしました。

労働保険の資格喪失届
  • 労働保険は、雇用保険と労災保険の総称です。
  • 雇用保険は、資格喪失届(希望者は離職票も同時)の手続きが必要です。
  • 労災保険は、個別の手続きは不要です。

社員の退職手続きの際は、ぜひご参考ください。

その他、社会保険や労働保険のお手続きは社会保険労務士へお任せください。

各種お手続きを代行いたします。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

関連記事

  1. 【賞与支払届】予定月以外に臨時の賞与を支給した時の扱い。
  2. 【個人商店・事務所】法人化(法人成り)したときの社会保険・労働保…
  3. 【健康保険・介護保険・厚生年金】月の途中で入社した社員の資格取得…
  4. 【日数としてカウント】年次有給休暇の月額変更届の基礎日数の扱いは…
  5. 【給与支給月がベース】末締め翌月払いの算定基礎届の書き方
  6. 【記載例・社会保険】70歳75歳以上の資格喪失届(=70歳以上被…
  7. 【70歳以上か確認】算定基礎届にマイナンバーの記入は必要?【協会…
  8. 【和暦は数字で記入】算定基礎届・月額変更届の生年月日の書き方

 

この投稿をInstagramで見る

 

鈴木翔太郎(@suzuki.shotaro_sr)がシェアした投稿

PAGE TOP