【日数としてカウント】年次有給休暇の月額変更届の基礎日数の扱いは?

サイトへお越しいただきありがとうございます。

秋葉原の社会保険労務士 鈴木翔太郎と申します。

社会保険料の改定手続に月額変更届(随時改定)があります。

月額変更届(随時改定)の要件の一つに、「17日以上の賃金支払い基礎日数」というものがあります。

この日数には、年次有給休暇の日は含めるのでしょうか。

【日数としてカウント】年次有給休暇の月額変更届の基礎日数の扱いは?

月額変更届(随時改定)の要件は、以下の通りです。

  1. 昇給または降給等により固定的賃金に変動があった。
  2. 変動月からの3カ月の報酬の平均と現在の標準報酬月額との間に2等級以上の差が生じた。
  3. 3カ月の支払基礎日数が17日以上。(特定適用事業所に勤務する短時間労働者は11日)

「賃金支払い基礎日数」とは、文字通り報酬を受けることになった基礎になった日です。

そのため、年次有給休暇を取得した日は、月額変更届の基礎日数に含めることになります。

例えば

月給制の人が歴日数30日の月で、1日分年次有給休暇を使っても基礎日数は30日です。

時給の人が、実出勤日数16日+年次有給休暇1日というときは、基礎日数は17日になります。

年次有給休暇の日を除いてしまうと、要件に該当してないと勘違いしてしまう可能性があるのでご注意ください。

算定基礎届も同様です。

月額変更届と並ぶ社会保険の手続書類で算定基礎届があります。

こちらは、4-6月の報酬額を記載して社会保険料を決める定時決定のための書類です。

月額変更届のように賃金支払い基礎日数の記入が必要ですが、年次有給休暇の扱いは同様です。

年次有給休暇を使った日は、1日としてカウントすることになります。

日数によって算定方法が変わってくるので、ご注意ください。

まとめ ~月額変更届の作成は社労士へ~

いかがでしたでしょうか。

年次有給休暇と月額変更届の賃金支払い基礎日数についてご紹介いたしました。

年次有給休暇の月額変更届の基礎日数の扱い
  • 年次有給休暇を取得した日は、月額変更届の賃金支払い基礎日数に含めます。
  • 月額変更届の要件に基礎日数がかかわっているので要注意です。
  • 算定基礎届の日数も同様にカウントします。
賃金が発生しているので、基礎日数になります。

時給の人は特に、この日数で該当の有無が変わってくることもあり得ます。

月額変更届作成の際は、ご参考ください。

その他、社会保険のお手続きは社会保険労務士へご相談ください。

煩雑なお手続きを代行させていただきます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

関連記事

  1. 【健康保険・厚生年金】月額変更届を出し忘れたときの対処法は?
  2. 【雇用をすれば要手続き】個人事業所でも労働保険の成立は必要?【個…
  3. 【原則は加入しません】学生の雇用保険の扱い。
  4. 【被扶養者手続きは不要】被扶養者がいるときの資格喪失届の方法
  5. 役員就任時の社会保険・雇用保険の手続き【資格喪失(取得)・随時改…
  6. 健康保険証以外にも!?健康保険とは…?
  7. 【届出の必要無し】社保未加入者の賞与支払届は必要?
  8. 健康保険は、社会保険…?社会保険と労働保険の種類を確認!

 

この投稿をInstagramで見る

 

鈴木翔太郎(@suzuki.shotaro_sr)がシェアした投稿

PAGE TOP