【健康保険・厚生年金】時給者の月額変更届の扱い

サイトへお越しいただきありがとうございます。

秋葉原の社会保険労務士 鈴木翔太郎と申します。

社会保険(健康保険・厚生年金)加入者は標準報酬月額で保険料が決まります。

報酬が大きく変わるなど要件を満たすと、月額変更届により標準報酬月額が変わることがあります。

時給者でも月額変更届を提出することがあるのでしょうか。

【健康保険・厚生年金】時給者の月額変更届の扱い

月額変更届による随時改定でよくあるケースは、「定期昇給などで基本給が変更され、標準報酬月額が改定」というものかと思います。

社会保険に加入している時給制パートタイマーなどでも、月額変更届(随時改定)に該当することはあるのでしょうか。

時給の変更があったときなどで月額変更届(随時改定)に該当する可能性があります。

月額変更届(随時改定)の要件の一つに、「固定的賃金の変動」があります。

ここでいう固定的賃金とは、正社員等の月給だけではありません。

時給者の場合は、時間給の変更が固定的賃金の変動になります。

また、引っ越しなどで通勤手当の金額が変わったときなど固定給が変動してときも同様となります。

その他の要件を満たした場合は、月給の社員等と同じく月額変更届を提出する必要があります。

次の項では、月額変更届(随時改定)の要件についてご紹介いたします。

月額変更届(随時改定)の要件

ここまで、時給者であっても時給の変更などがきっかけで月額変更届(随時改定)に該当することがあるとご紹介いたしました。

時給の変更などは、要件の一つ「固定的賃金の変動」となります。

月額変更届(随時改定)には、固定的賃金の変動を合わせて3つの要件があります。

月額変更届(随時改定)の要件とは…

  • 固定的賃金に変動があったこと
  • 変動から3ヵ月の賃金支払い基礎日数が17日以上あること(特定適用事業所に勤務する短時間労働者は11日となります)
  • 変動から3ヵ月間の報酬の平均と現在の標準報酬月額との間に2等級以上の差が生じたこと

となります。

賃金支払い基礎日数は、時給者の場合は主に出勤日数となります。

年次有給休暇なども1日としてカウントします。

固定的賃金の変動と併せて、上記の要件を満たした場合は月額変更届を作成することになります。

まとめ ~社会保険のお手続きは、社労士へ~

いかがでしたでしょうか。

時給者の月額変更届の扱いについてご紹介いたしました。

時給者の月額変更届の扱い
  • 時給者であっても、時給変更などで月額変更届(随時改定)に該当する可能性があります。
  • 時給の変更は、要件の一つ「固定的賃金の変更」に該当します。
  • その他、賃金支払い日数や2等級以上の変動の要件があります。
通勤手当の変更なども変動に該当します。

時給者さんを雇用する際は、ぜひご参考ください。

その他、社会保険や雇用保険のお手続きは社会保険労務士へお任せください。

各種お手続きを代行いたします。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

関連記事

  1. 【随時改定】月額変更届の改定年月の書き方
  2. 【0円と記入】育休中で無給の社員の算定基礎届の書き方
  3. 【個人商店・事務所】法人化(法人成り)したときの社会保険・労働保…
  4. 【残業代などが該当】月額変更届の非固定的賃金とは…?
  5. 【雇用をすれば要手続き】個人事業所でも労働保険の成立は必要?【個…
  6. 【取得届】雇用保険の手続きは、郵送でも可能です。【喪失届・離職票…
  7. 資格喪失届はいつまでに提出?遅れた場合の対処法は?
  8. 【雇用保険】資格喪失後、あとから離職票を発行する方法

 

この投稿をInstagramで見る

 

鈴木翔太郎(@suzuki.shotaro_sr)がシェアした投稿

PAGE TOP