アルバイトと労働保険料の関係

サイトへお越しいただきありがとうございます。

秋葉原の社会保険労務士 鈴木翔太郎と申します。

労働者を雇用する事業主は、労働保険に加入します。

加入する事業主は、労働保険料を納付しますがアルバイトも対象になるでしょうか。

今回は、アルバイトと労働保険の関係についてご紹介いたします。

労働保険は、労災保険と雇用保険の総称となります。

アルバイトの労働保険料の扱いは、労災保険と雇用保険によって変わってきます。

それぞれ分けてご紹介いたします。

労災保険料は全員が対象

まずは、仕事中や通勤中のケガ等の際に補償が受けられる労災保険です。

労災保険は、事業所で働くすべての労働者が対象になります。

そのため、仮に1日だけのアルバイトであっても労災保険の補償が受けられます。

ただし、労災保険料は全額事業主負担であるため労働者の給与からは徴収しません。

事業主が保険料を申告する際、アルバイトへ支払った賃金も含め申告・納付をすることになります。

雇用保険料は加入者のみ対象

雇用保険は、失業中の給付金などで有名な保険です。

雇用保険料は、労災と違いアルバイトの雇用条件により対象外になることがあります。

雇用保険料の対象になるアルバイトは、雇用保険に加入するアルバイトだけです。

アルバイトの中には、所定労働時間が短いなどの理由で未加入の人もいるかもしれません。

そういったアルバイトの給与は、雇用保険料の対象外です。

労働保険料は、健康保険・厚生年金と違い保険料は年1回の申告・納付が基本です。(要件を満たすと納付は年3回に分割できます。)

一年に支払った賃金をまとめて申告することになります。

アルバイトによって雇用保険の加入が分かれているときは、分けて申告する必要があります。

雇用保険に加入しないアルバイト→労災保険料のみ対象

雇用保険に加入するアルバイト→労災保険、雇用保険料両方が対象、となります。

申告の際は、ご注意ください。

いかがでしたでしょうか。

アルバイトと労働保険の関係についてご紹介いたしました。

アルバイトと労働保険の関係
  • 労災保険料は、アルバイトでも全員が対象になります。
  • 雇用保険料は、アルバイトのうち加入者のみ対象になります。
  • 両保険料を労働保険料として、年一度の申告をします。
労働保険は、労災保険と雇用保険の総称です。

アルバイトを採用した際は、ぜひご参考ください。

その他、労働保険のお手続きは社会保険労務士へお任せください。

各種お手続きを代行いたします。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

関連記事

  1. アルバイトなど有期雇用労働者の介護休業(給付金)の取り扱い
  2. 健康保険・厚生年金は、標準報酬月額の上限・下限が異なります。
  3. 【65歳以上と40歳以上の2タイプ】介護保険とは…?何歳から利用…
  4. 労働保険料の事業主負担分と従業員負担分の違い
  5. 入社初月の社会保険料・雇用保険料の扱い
  6. 【健康保険証】従業員を採用した時、必要な手続きは?【雇用保険被保…
  7. 【代表取締役】役員の育児休業の扱い【社会保険・雇用保険】
  8. 【代表取締役】役員の産前産後休業の扱い【社会保険料】

 

この投稿をInstagramで見る

 

鈴木翔太郎(@suzuki.shotaro_sr)がシェアした投稿

PAGE TOP