【記載例】雇用保険資格取得届(被保険者証)の訂正【氏名・生年月日等】

サイトへお越しいただきありがとうございます。

秋葉原の社会保険労務士 鈴木翔太郎と申します。

雇用保険に加入する社員を採用したら、資格取得届を提出します。

雇用保険資格取得届の記載内容を間違えてしまい、内容を訂正したいときはありませんか。

今回は、雇用保険資格取得の訂正の仕方をご紹介いたします。

【記載例】雇用保険資格取得届(被保険者証)の訂正【氏名・生年月日等】

雇用保険資格取得の訂正は、専用の様式を使って手続きします。

この記事では、東京労働局の様式を使ってご紹介いたします。

このページ内の「雇用保険被保険者資格取得・喪失等届訂正・取消願」を使います。

エクセル版がダウンロードできるので、入力して使うことができます。

※ 東京労働局の様式となります。他道府県は独自の様式がある可能性がありますので、ハローワークへご確認いただければと思います。

こちらの様式に訂正事項を記入して、ハローワークへ提出することで手続きができます。

記入する訂正事項の箇所は、訂正が必要なところだけで大丈夫です。

例えば、「⑦生年月日」を訂正したいときは、「⑥被保険者氏名」は空欄で提出します。

添付書類は?

訂正手続きをする際は、添付書類が必要になります。

例のように生年月日を訂正するときは、生年月日が確認できる書類を一緒に提出します。

認められる書類については、ハローワークにより対応が違うようなので、事前にご確認いただければと思います。

公的な書類なら戸籍謄本などが必要になる可能性があります。

出勤簿等の社内書類で可能なこともあるかもしれませんので、提出先のハローワークへご確認お願いします。

記載例で訂正願の書き方を確認

ここからは東京用の様式を使って書き方の確認をしてまいります。

今回は、生年月日を訂正するという例にします。

×  生年月日 平成5年10月6日
〇 生年月日 平成5年11月6日

このように10月で手続きをしてしまったものを、11月に訂正します。

記載例はこちらです。

雇用保険被保険者資格取得・喪失等届訂正・取消願を一部加工。

今回訂正するのは、生年月日なので⑦欄を記入します。

まとめ ~雇用保険のお手続きは社労士へ~

いかがでしたでしょうか。

雇用保険資格取得(被保険者証)の訂正についてご紹介いたしました。

雇用保険資格取得(被保険者証)の訂正
  • 生年月日等を誤って資格取得してしまったときは訂正ができます。
  • 雇用保険被保険者資格取得・喪失等届訂正・取消願を提出します。
  • 訂正のあった箇所だけを記入します。

資格取得の間違いに気づいたときは、ぜひご参考ください。

その他、雇用保険のお手続きは社会保険労務士へお任せください。

各種お手続きを代行させていただきます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

関連記事

  1. 【雇用保険】資格喪失届と離職票の違いとは…?
  2. 【提出は不要】雇用保険のみ加入している労働者の賞与支払届は…?
  3. 【随時改定】月額変更届の改定年月の書き方
  4. 役員就任時の社会保険・雇用保険の手続き【資格喪失(取得)・随時改…
  5. 【退職日の提出は不可】社会保険・雇用保険の資格喪失届は、退職日に…
  6. 【被扶養者手続きは不要】被扶養者がいるときの資格喪失届の方法
  7. 【社会保険】子供が生まれた時の手続き【給付・扶養等】
  8. 社員が転職するときの資格喪失届の扱い

 

この投稿をInstagramで見る

 

鈴木翔太郎(@suzuki.shotaro_sr)がシェアした投稿

PAGE TOP