雇用保険資格喪失届の「新氏名」欄の扱い

サイトへお越しいただきありがとうございます。

秋葉原の社会保険労務士 鈴木翔太郎と申します。

雇用保険加入者が退職などで資格喪失するときは資格喪失届を作成します。

資格喪失届の様式内に「新氏名」という欄があります。

どういったときに、この欄を使用するのでしょうか。 

雇用保険資格喪失届の「新氏名」欄の扱い

雇用保険資格喪失届には、雇用保険被保険者番号や、離職等年月日などを記入します。

提出することで、対象者は雇用保険の資格を喪失します。

様式の中に、「新氏名」という欄があります。

この欄は、記入が必要なのでしょうか。

氏名が変わったときのみ記入します。変更がなければ空欄で提出します。

雇用保険は、現在、氏名変更専用の手続き書類はありません。(以前は氏名変更届がありました。)

そのため、在籍中に氏名が変わったときは資格喪失のタイミングで一緒に変更をします。

※ 転勤届や育児休業給付金申請の際に氏名変更することもできます。

逆に、資格取得時と氏名が変わっていないときは、空欄のままで提出することになります。

氏名変更がされているときは、忘れないようにご記入ください。

変更の場合、氏名変更年月日も記入

ここまで、資格喪失と一緒に氏名変更をするときに「新氏名」欄を使用するとご紹介いたしました。

こちらの欄に変更後の氏名を記入するときは、変更年月日も併せて記入します。

変更年月日は、様式の下部にあります。

ハローワークインターネットサービス 雇用保険被保険者資格喪失届を一部加工

結婚した日などのケースが多いかと思います。

書き忘れないようご注意ください。

まとめ ~雇用保険のお手続きは、社労士へ~

いかがでしたでしょうか。

雇用保険資格喪失届の「新氏名」欄の扱いについてご紹介いたしました。

雇用保険資格喪失届の「新氏名」欄の扱い
  • 「新氏名」欄は、在籍(加入)中に氏名が変わったときに記入します。
  • 氏名変更がなければ空欄で提出します。
  • 変更があるときは、変更年月日欄も併せて記入します。

雇用保険の手続きの際は、ぜひご参考ください。

その他、雇用保険のお手続きは社会保険労務士へお任せください。

各種お手続きを代行させていただきます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

関連記事

  1. 【0円と記入】育休中で無給の社員の算定基礎届の書き方
  2. 【同日得喪】定年になる社員がいます。継続雇用の手続きは?【高年齢…
  3. 【携帯電話でも可】新規適用届の電話番号は携帯電話でも平気?【ハイ…
  4. 【再発行手続き】健康保険証が汚れたときの対処法
  5. 【70歳以上か確認】算定基礎届にマイナンバーの記入は必要?【協会…
  6. 【雇用保険】65歳以上の社員は資格喪失手続きに違いは?
  7. 賞与支払届の提出目的・提出理由とは…?
  8. 【健康保険・厚生年金】社会保険の資格取得日と入社日が違うケース

 

この投稿をInstagramで見る

 

鈴木翔太郎(@suzuki.shotaro_sr)がシェアした投稿

PAGE TOP